できていますか?信頼される職場づくりのための「報告」~情報セキュリティ事故が起きても慌てないために~

プログラムのレビュー

評価:4.64.6 15件のレビュー
レビュー 評価
  • アソシエイト(~34歳)
    男性
    改めて、報告の重要性と適正な仕方を確認することが出来た。 評価
  • アソシエイト(~34歳)
    女性
    問題にならなかったからと、再度放置してしまいそうですが、ヒヤリハットを起こさない仕組みづくりをその都度考えていかなければならないと再認識しました。 評価
  • アソシエイト(~34歳)
    男性
    基本的な報告の重要さ、PDCAの具体的な方法などが分かり、できることは、すぐにでも、日常業務に生かしたいと思う。 評価
  • アソシエイト(~34歳)
    男性
    PDCAの考え方が、ミスを起こしにくい方法の確立に役立ちますね。個人的なヒヤリハットでも、どうすれば防げたか改めて振り返ってみたいと思いました。 評価
  • シニア(60歳~)
    男性
    よく報連相の大切さを言われますが改めて報告の重要性を再認識しました。設問5の質問の表現が変でした。 評価
  • リーダー(35~59歳)
    男性
    短い時間で、情報事故の原因や対応が分かってよかった 評価
  • シニア(60歳~)
    男性
    このプログラムは以視聴しましたが、見直しの意味を含めてもう一度見ました。わかっているつもりでも人間は意外と忘れてしまうものだと感痛感しました。情報セキュリティのプログラムは何度でも繰り返し見るべきものですね。最後のテストがすごく良いです。忘れていることを教えてくれました。 評価
  • リーダー(35~59歳)
    男性
    情報管理の重要性はPCでの作業が多くなるにつれて益々増えてくると思われます。日々気を引き締めていきたいと思われる内容でした。 評価
  • リーダー(35~59歳)
    男性
    日頃のヒヤリハットを見逃さず、重大事故にならないようPDCAを回すことが重要であることが分かりました。
    ヒヤリハットを組織として適時/適切に把握すること、重大事故にならないよう暫定対処や恒久対策を組織で衆知を集めて考える必要がるのではと思い、そのためには組織内の良好なコミュニケーションも重要だと感じました。
    評価
  • シニア(60歳~)
    男性
    PDCAの中で報告が重要であり、たとえヒヤリハットであっても、その裏に隠れる重大事故の発生の可能性を回避するためにとても必要であることが良くわかりました。日ごろの改善で取り組みで情報セキュリティ事故防止に努めたいと思います。
    一点気になったのが、重要ポイントの語句にかぶさって大きな音でピンポンが入ることでせっかくの流れで頭に入っていた言葉がその音で消えてしまいます。寝ている人を起こすのにはよいかも
    評価
  • リーダー(35~59歳)
    女性
    報告にこれだけ特化した番組は見たことがありません。小さなことですが、積み重ねが大事だということを理解しました。テストがあるのは驚きましたが、理解度確認のためには大事だと思いました。 評価
  • リーダー(35~59歳)
    性別無回答
    テストを受けずに動画視聴画面を閉じてしまっても、マイページの視聴履歴のところから、テストだけを受けることもできるんですね~。これ便利。 評価
  • リーダー(35~59歳)
    性別無回答
    動画視聴後にテストがあったので、自分の理解度を振り返ることができました。すごい機能ですね! 評価
  • リーダー(35~59歳)
    性別無回答
    いままで、報告することから逃げたり、忘れたりしちゃいましたが、それじゃ改善につながらないことが分かりました。がんばります。 評価
  • リーダー(35~59歳)
    女性
    小さなミス(事故)が大きな事故につながる可能性がある、というのはとても怖いことです。気を引き締めて業務にあたりたいと思います。 評価