心に響くプレゼンテーション

プログラムのレビュー

評価:4.54.5 15件のレビュー
レビュー 評価
  • リーダー(35~59歳)
    男性
    ビジネスの場ではプレゼンテーションを避けて通ることはできません。しかし、あがり症でなかなか思うようにできないのがプレゼンテーションです。多くの場合準備不足が原因ですがここで示されたエクスプレッション9マトリックスを使ってMECEに構造化して整理すれば確かに緊張が緩和されるものと思います。 評価
  • リーダー(35~59歳)
    男性
    プレゼンテーションの準備にあたって必要な9つのアプローチを丁寧に説明頂き勉強になりました。
    今後、プレゼンテーションをする機会には準備フェーズにおいてこれらのアプローチで整理をし、より良いプレゼンテーションができるようにしていきたいと思います。
    評価
  • シニア(60歳~)
    男性
    表題からの印象で、プレゼンテーション技術がテーマと思って視聴をはじめましたが、実は、メンタルトレーニグの要素が大きい内容だということがわかりました。たんに原稿を読み、表現するのではなく、自分を認め相手も認めるところから、プレゼン作りが進んでいくということがよく理解できました。年月が経っても価値がかわらないコンテンツだと思います。 評価
  • シニア(60歳~)
    男性
    心に響くプレゼンテーションという題名からは想像できませんでしたが、とっても耳に響くプレゼンテーションでした。講師の話し方、話す速度、わかりやすさは特筆すべきことでした。聞こえの障害を持った人にもやさしいプログラムでした。とかくこの手のテーマのプログラムは講師が限られた時間で機関銃のように話すものが多いですが、とても気持ちよく聞けました。内容については言わずもがなです。 評価
  • リーダー(35~59歳)
    男性
    心の準備と話す内容の準備、ともに大切なこととは理解していても、なかなか納得のいく準備ができないことが多いので、このエクスプレッション9マトリックスを活用してみようかと思います。 評価
  • アソシエイト(~34歳)
    男性
    ウェビングや成功したイメージを想像する手法が意外だった。 評価
  • リーダー(35~59歳)
    女性
    ご自身の思いが伝わる、素晴らしいプレゼンでした。この番組自体が、良いプレゼンのお手本だと思います。自分の心の在り方とは、新鮮な視点をいただきました。マトリックスを具体的に手を動かして書いてみることが重要だと思います。今後のプレゼンに役立てます! 評価
  • リーダー(35~59歳)
    男性
    イメージして、どう工夫するのかが大切なんですね。いろいろ参考になりました。 評価
  • リーダー(35~59歳)
    女性
    大変為になりました。次回も楽しみにしています! 評価
  • アソシエイト(~34歳)
    男性
    心構え一つにおいてもポジティブに捉えられたり、ネガティブに捉えられたりするので、話す側が如何に相手にポジティブに捉えてもらえるかということが大切だと思いました。 評価
  • リーダー(35~59歳)
    女性
    プレゼン時の心の準備、本当にたいせつだな!と感じました。
    加藤先生のようにプレゼン内容や自分自身を冷静に分析していなかったこと、気が付きました。
    参考にいたします。
    評価
  • アソシエイト(~34歳)
    男性
    心のポジションという発想が目から鱗だった。 評価
  • リーダー(35~59歳)
    男性
    私もあがり症なので、少しでも改善できればと願っています。頑張ってみます。 評価
  • リーダー(35~59歳)
    男性
    プレゼンテーションと心。
    今まで考えてもいなかった視点を学びました。
    次の公開が楽しみです。
    評価
  • リーダー(35~59歳)
    女性
    心構えの重要性がとても分かりやすく理解できました。まずは相手との関係性をしっかりと理解し、相手に何を伝えたいのかを明確に考えて、今度のプレゼンにのぞみたいと思います。 評価