霞が関音楽祭2019 参加プログラム
「朗読と音楽の夕べ」~『万葉集』をうたう・芥川龍之介の『鼻』を読む~

霞が関音楽祭2019 参加プログラム 「朗読と音楽の夕べ」~『万葉集』をうたう・芥川龍之介の『鼻』を読む~

収録日2019年10月9日(水) 18:30~19:30 (開場 18:10)

収録時間36分

セミナーパンフレット
【入場無料】【申込不要(自由席)】

『霞が関音楽祭2019』
霞が関から文化を発信し日本を元気にする目的で、文化庁や関係団体・企業が中心となって開催する音楽イベント。
KK2も2つのプログラムで参加します。全公演入場無料となっておりますので、是非お越しください!
---------

◆演目◆
万葉集「梅雪」 和歌:大伴旅人 「鼻」 作:芥川龍之介

◆出演者◆
〈音楽〉佐藤慶子 〈朗読〉清水陽乃介 

元々、万葉集は声にして詠まれた歌。その歴史のせいでしょうか。日本語の文章の美しさは黙読でも充分堪能できますが、音読でさらに魅力を増すように思います。
そんな想いから、《万葉弾き語り音女》として長年「万葉集」による歌作りと演奏を行ってきた佐藤慶子が、万葉集から新元号《令和》にちなみ「梅花の三十二首」などの和歌を歌います。
また、芥川龍之介の初期の名作「鼻」を俳優・清水陽乃介の心に染み入る朗読に、音楽と絵をつけてお聞きいただきます。

企画・進行:佐藤 慶子(MuCuL代表)
霞が関音楽祭2019 参加プログラム 「朗読と音楽の夕べ」~『万葉集』をうたう・芥川龍之介の『鼻』を読む~

INDEX

出演者紹介

  • 佐藤 慶子(さとう けいこ)
    佐藤 慶子(さとう けいこ) 作曲家・ヴォイスアーティスト・ピアニスト・ヴォイス講師・映画プロデューサー。音楽サロンプロデューサー。MuCuL(ミュウカル)代表。五感の学校@広尾およびスクール主宰。

    独自の《五感の音楽》という音楽観による作曲、演奏、映像、演劇等のマルチアートを国内外で展開。また長年にわたり音楽手話劇、サインミュージカル、耳の聴こえないこどもの音楽ワークショップ《響きの歌》など、ろう者と行なう音楽活動を展開。ここ10年来万葉集による「オリジナル弾き語りコンサートをシリーズで展開、その独自性は好評を博している。
    《受賞》キリンアートアワード賞、日本芸術文化財団現代部門賞、日本絵本賞
    《CD》「万葉言の葉」「ミュージックピロー」「アイラブピース」
    《著書》「五感の音楽」「てではなそう」
    《映画》「脱皮」プロデユース・音楽作曲。「アイラヴ・シリーズ」3部作音楽作曲。

  • 清水 陽乃介(しみず はるのすけ)
    清水 陽乃介(しみず はるのすけ) 俳優

    【TV出演】
    NHK 「すずらん」「トップセールス」「慶次郎縁側日記」「ザ・プロファイラー」
    TBS 「ウルトラマンティガ 」 「爆報 THE フライデー」
    CX 「はるちゃん 3 」「女優杏子」
    EX 「救急戦隊ゴーゴーファイブ」「はみだし刑事情熱系」他
    【映画出演】
    「スキマスキ」 「鶯谷奇憚」 ショートフィルム「紙の上のロバ」
    「曙光」 (’18) 「生理ちゃん」(’19) 他

霞が関音楽祭2019 参加プログラム 「朗読と音楽の夕べ」~『万葉集』をうたう・芥川龍之介の『鼻』を読む~ 詳細情報

参加費 無料、申込不要、自由席 (お申込みは不要です)
会場 霞が関ナレッジスクエア(KK2) 「スタジオ」
日時 2019年10月9日(水) 18:30~19:30
主催 霞が関ナレッジスクエア(KK2)
MuCuL(ミュウカル)
お問合わせ 霞が関ナレッジスクエア 事務局
電話:03-3288-1921(9:00~17:30 月~金、平日のみ)
【霞が関音楽祭2019 協賛企画】 カフェ「エキスパート倶楽部」で音楽祭協賛企画を開催します!

ランチをご注文のお客様に、毎朝手作りの「ティラミス」をサービス!
[期間] 10/7(月)~10/11(金)
[ランチタイム] 11:30~15:00(ラストオーダー 14:30)

◆店舗情報◆
「エキスパート倶楽部」
霞が関コモンゲート ショップ&レストラン アネックス1階(天野歯科隣り)

この機会にぜひカフェ「エキスパート倶楽部」のランチをお楽しみください。