あなたならどうする?「帰宅困難者問題に備える」

オンデマンド・コンテンツのレビュー

評価:4.84.8 12件のレビュー
レビュー 評価
  • シニア(60歳~)
    男性
    いま、日本列島は、猛暑、豪雨、台風、地震、停電などの災害が多発しています。自動車が風で飛ぶ、空港が水没する、山々が崩落する光景を目にし、「帰宅困難者問題に備える」を真剣に学びました。 評価
  • リーダー(35~59歳)
    女性
    帰宅難民という状態、想像するだけで恐ろしいですが(我が家は10キロ圏内にはないので)、事前にこういった教材で知識を得ておくだけでずいぶん心構えが違いますね。勉強になりました。 評価
  • シニア(60歳~)
    男性
    首都直下型地震の際の状況が良く理解できました。また、帰宅難民にならないこと、日頃の取り組みが重要であり、その指針とさせて頂きます。 評価
  • リーダー(35~59歳)
    男性
    帰宅困難者から帰宅難民者を増やさないことが重要と思われた。
    帰宅を考えているものはまず帰宅経路、経路の地域情報(被害、災害状況)を収集し帰宅が可能か判断しなくてはならないと思われる。
    まずは帰宅の経路(2、3通り)とその経路の一時避難場所の認知が必要である。
    災害時に対応できるような知識の保険も必要と思われる。
    評価
  • シニア(60歳~)
    男性
    帰宅困難者と帰宅難民の違いを理解し広めていくべきであると思いました。 評価
  • シニア(60歳~)
    男性
    30年以内に70%の確率で起こるといわれる首都直下地震に対して
    多くの人が「ひとごと」と考えちゃんと向き合っていません。
    家庭で地域で学校で企業でこのプログラムを観て、
    災害に備える話し合いをしておくべきだと痛感しました。

    評価
  • シニア(60歳~)
    男性
    昨年の熊本地震しかり、突然発生する首都東京の直下型地震はおそらく想定の範囲を大きく超える可能性もあると思っています。5年前の東日本大震災はあくまで東北地方が主たる被災地であり、東京における未曾有の被災状況は田中純一氏の指摘のごとく「帰宅を試みない方が良い~帰宅困難者」の一時的受け入れ、収容施設の大切さの認識の普及を求めていると思います。 評価
  • リーダー(35~59歳)
    女性
    人生の中で大きな地震を二度経験しています。昭和53年の宮城県沖と東日本大震災です。いつも通る道が使えなかったり、非常灯さえない夜がこれほどまでに暗いことを知りました。真っ暗な中、駅に家族を迎えに行きましたが、途中で携帯も使えず、姿が判別できず、駅の中が通り抜けできなかったので苦労しました。近くの避難所は床があるだけで、水も食料も数日間は自分で探さなくてはなりませんでした。水、食料、そしてガソリンが入手できず、今も地震が起きるとその確認をします。出先の仕事が多く、今回のコンテンツは参考になりました。でも、残念ながら私の住む茨城では被災地にも関わらず、一時避難所を検索すると、海側の一部地域にしかありませんでした。もっともっと自分事としてみんなが考えられれば、備えはある程度出来るのに、と思います。 評価
  • リーダー(35~59歳)
    女性
    日頃からの備えが大事!とあらためて気づきました。ありがとうございます。 評価
  • リーダー(35~59歳)
    男性
    ・多くの人は、帰宅困難者問題を、3.11の経験から、公共交通機関が利用できないことから長距離を徒歩で帰宅しなければならない状況、或いは宿泊施設が満室で宿泊できない状況と理解していると思います。本コンテンツでは、大規模な火災の発生により、帰宅できない状況を示し、帰宅すべきでないことを明示しています。大規模広域災害時に、パニックや大混乱を引き起こさないために、行動しないことを啓蒙する有意義なものであると思います。 評価
  • リーダー(35~59歳)
    女性
    3.11に何時間もかけて歩いて帰ったという話はよく聞きますが、実際首都直下地震の時に歩いて帰るということは本当に危険な状況ということが理解できました。「覚悟の帰宅」という言葉は本当にその通りです。第2回目、早くみたいです! 評価
  • シニア(60歳~)
    男性
    「30年以内70%」がとても重たく感じたが、目を背けるのではなく、自分を守る、愛する人を守る、仲間を守る為、日々準備することの重要性を感じました。 評価