AVCC & KK2学びと交流プログラム2017「仏教の教えを仕事と人生に活かす」

オンデマンド・コンテンツのレビュー

評価:4.84.8 5件のレビュー
レビュー 評価
  • シニア(60歳~)
    男性
    心が洗われる講話でした。霞が関の官僚の皆さまに是非見ていただきたいと思います。 評価
  • シニア(60歳~)
    男性
    柴田文啓住職の生き方・考え方をお聴きし大変心動かされました。
    80代とは思えない背筋の伸びた凛としたお姿、肌つや、お話しに接し、
    手遅れかな?とも思いますが、見習っていきたいと思います。
    評価
  • リーダー(35~59歳)
    女性
    宗教を身近に感じないまま生活していますが、実は日々の中に仏教の教えがかかわりを持って根付いていることに気づきました。自分ひとりで生きているのではなく、周りの人とのかかわりの中で生かされているということで、家庭、職場の人間関係と重ねて考える機会となりました。 評価
  • リーダー(35~59歳)
    女性
    仏教の話をあらためて伺う機会がなかったので、とても新鮮でした。2500年前にお釈迦様が、あっという間に時間がたってしまうよ、世の中の変化は速いよ、とおっしゃっているというのが本当に驚きでした。人間は基本的に何千年もたっても変わらないものなのかもしれない…と思いました。仏教国に生まれたのでおおらかに生きていきたいと思いました。ありがとうございます。 評価
  • シニア(60歳~)
    男性
    子供の頃、
    進駐軍のジープが街を走り貧しい食事を摂っていましたが、
    人と人の絆が強く皆将来に夢を抱いていました。

    昨今私達の年代が集まると、
    「親の介護」と「自身の健康」ばかりが話題になります。

    企業人を卒業し、
    地域社会に参画することができない高齢者は
    一人ひとりがバラバラで何の役割も持たず生きています。

    柴田文啓さんのように得度まではしなくても、
    今迄生きてこられたことに感謝し、
    培った経験を社会にご恩返しする気持ちを大切にしてほしいです。

    こころ洗われるお話を有難うございました。
    評価