すべての命を輝かせる地域づくり ~社会福祉法人むそうの実践から~

オンデマンド・コンテンツのレビュー

評価:5.05.0 6件のレビュー
レビュー 評価
  • シニア(60歳~)
    男性
    霞が関や自治体での障害者雇用水増し問題は、
    異なるヒト異なるコト異なるモノを「排除」するもしくは「同化」させようとする、
    お役所の体質が顕著に表れている。
    公務員は全員この話を聴いていただき、「共生」の意味を理解していただきたいと思います。
    評価
  • シニア(60歳~)
    男性
    生きにくさを抱える人を支える経営理念に敬服した。 評価
  • アソシエイト(~34歳)
    男性
    私も生かされているのではなく、生きているということを自覚し、何か地域貢献できるようにしたいと思いました。 評価
  • リーダー(35~59歳)
    男性
    「障害のある人が、どうやったらその人のままで輝けるかを支援できるのが僕らの仕事」という戸枝さんの言葉が心に残りました。 評価
  • シニア(60歳~)
    男性
    「生きてる」と「生かされている」の違いを理解し、多様な違いのある人々を分け隔てなく受入れ相互理解できる共生社会に向けた取り組みに大変感動致しました。戸枝さんのお話しが聴けたことに感謝します。 評価
  • アソシエイト(~34歳)
    男性
    うまく周りを巻き込むことが大事だと感心した。 評価