「日本の伝統芸能に親しむ 五世・常磐津文字兵衛の世界」 ~演奏とお話による《江戸のトレンディードラマ常磐津と江戸のエレキギター三味線》~

「日本の伝統芸能に親しむ 五世・常磐津文字兵衛の世界」 ~演奏とお話による《江戸のトレンディードラマ常磐津と江戸のエレキギター三味線》~

収録日2010年1月29日(金) 19:00~20:00

収録時間9分

セミナーパンフレット アンケート結果
内 容
「知りたいけれど、なかなかチャンスがなくて」という人が多いのが、我が国の伝統芸能の世界。わかりやすいお話と演奏を、一流の出演者がご案内します。日本の見方が変わります。
歌舞伎でもおなじみの常磐津界の第一人者、五世・常磐津文字兵衛さんのご登場です。「常磐津ってなに?」という方も、これを機会にぜひ、古くて新しい伝統芸能の世界へどうぞお越しください。
「霞が関ミュージックサロン」とは?
霞が関コモンゲートに、ビジネス後のひととき、気楽に立ち寄れ、しかも質の高い音楽やカルチャーをお楽しみいただきたく、すてきなサロンが誕生します。クラシック、日本の伝統芸能に親しむ会、そして上質なジャズやポップスなど、時節ごとに開催される選りすぐりのイベントは、知的刺激や、精神性の高い憩いといった、まさにおとなのゼイタクに満ちています。また、コンサートのあとには、出演者と語らう懇親パーティーもあります。みなさまのお出かけを心よりお待ちしております。
サロン・プロデュース 佐藤慶子
【演奏曲目】
・常磐津「どんつく めぐる日」
・常磐津「関の扉」
・常磐津「乗合船」
・五世・常磐津文字兵衛作曲 中棹三味線独奏のための「過去からの影」

本事業の学習コンテンツ化および本サイトでの公開は、日本ビクター株式会社様、株式会社メディアリンク様のご協賛により実施しています。
「日本の伝統芸能に親しむ 五世・常磐津文字兵衛の世界」 ~演奏とお話による《江戸のトレンディードラマ常磐津と江戸のエレキギター三味線》~

INDEX

  • 常磐津「どんつく めぐる日」(9分)
    PLAY

出演者紹介

  • 五世・常磐津文字兵衛(ごせい・ときわずもじべい)(演奏者)
    五世・常磐津文字兵衛(ごせい・ときわずもじべい)(演奏者) 常磐津奏者

    四世 常磐津 文字兵衛(現 常磐津 英寿)の長男として生まれる。77年常磐津 紫弘(ときわず しこう)の芸名を受ける。大学在学中の83年、ニューヨーク、「ミュージックフロムジャパン」コンサートシリーズにおいて、カーネギーホールにて山内雅弘作曲「中棹三味線と管弦楽の為の”相響”」をアメリカンシンフォニーオーケストラと共に世界初演。84年東京芸術大学音楽学部邦楽科卒業。古典、自作の現代作品の演奏会、常磐津の単独海外公演等を精力的に行う。
    86年ごろからTVコマーシャル用の音楽を手がけ、ベンザ鼻炎用カプセル、サッポロ冬物語、RISOプリントゴッコなどの作品を作曲。92年古典、創作両面の活動に対し、財団法人「清栄会(せいえいかい)」より第5回清栄会奨励賞を受ける。94年東京芸術大学音楽学部非常勤講師となる(現在 常磐津実技及び三味線音楽作曲法担当)。
    95年サントリーホール主催の邦楽演奏会「和(やわらぎ)の響」のプロデューサーとして、98年まで4回の演奏会をプロデュース。同年京都南座十一月顔見世興行に於いて歌舞伎立三味線(たてじゃみせん)となる。96年五世 常磐津 文字兵衛を襲名。00年ソウル大学、ユネスコより招聘されて、ソウルにてレクチャーコンサートを行う。04年1月国立劇場歌舞伎公演「戻橋」(もどりばし)の演奏に対し、国立劇場特別賞受賞。現在までに8回の自作品演奏会を開催。多数の歌舞伎公演に出演中。08年平成20年度文化庁文化交流使に指名され韓国にて常磐津の紹介、現地音楽家との共同作品の創作、発表等の活動を行う。09年ミュージックフロムジャパンより再び招聘を受け、ニューヨーク、マーキンホールにて自作品2曲を含むコンサート「常磐津文字兵衛5世と彼の三味線カルテット」が開催される。

  • 佐藤慶子(さとう けいこ)(企画・進行)
    佐藤慶子(さとう けいこ)(企画・進行) 作曲家、音楽プロデューサー

    桐朋学園大学卒業。作曲、演奏、映像、音彫刻、インスタレーション、演劇等のマルチメディア ・アートを国内外で展開し、独自の《五感の音楽》という音楽観による音楽の新しい領域の創造と開発に力を注ぐ。またオリジナル・サインオペラや音楽手話劇の創作公演を行なう。現在、音楽の普及と啓蒙に務め、音楽サロンを各地で展開中。
    《受賞》日本芸術文化財団現代部門賞、日本絵本賞、キリンアワード賞ほか
    《CD》「ミュージックピロー」「アイ・ラヴ・ピース」ほか《著書》「五感の音楽」絵本「てではなそう」ほか
    《楽譜》「LOVE PIECES」ほか《映画音楽》「アイ・ラヴ・ユー」ほか

「日本の伝統芸能に親しむ 五世・常磐津文字兵衛の世界」 - 霞が関ミュージックサロン 第2回 詳細情報

日時 2010年1月29日(金) 開場 18:30 -
19:00-20:00 コンサート(ナレッジスクエア スタジオ)
20:15-21:30 懇親会(ナレッジスクエア エキスパート倶楽部)
会場 霞が関ナレッジスクエア
主催 財団法人高度映像情報センター(AVCC)/株式会社MuCuL(ミュウカル)
定員 60名(コンサート)
参加費(懇親会含む)\t 霞が関ナレッジスクエアメンバー:5,500円  web会員/一般:6,000円
参加費(コンサートのみ) 霞が関ナレッジスクエアメンバー:3,500円  web会員/一般:4,000円
申込方法 終了しました