長寿社会に生きる

長寿社会に生きる

収録日2018年6月28日

収録時間61分

 ジェロントロジー(高齢者や長寿社会の諸課題を研究する学習分野)のスペシャリスト秋山弘子氏が、人生100年時代をポジティブにとらえ、長寿社会の生き方、働き方を提起しました。
 「人生100年の設計」「インフラの作り直し」「産業の創生、イノベーションの推進」という長寿社会の課題について、「社会全体の構造の見直し」「まちづくり」「セカンドライフの就労」などの視点で、様々な取り組み・事例をご紹介しています。

※2018年6月28日開催「一人一役、みんなが主役!あなたも私も活躍できる社会へ(AVCC&KK2 事業説明会2018)」における講演を収録
長寿社会に生きる

INDEX

出演者紹介

  • 秋山 弘子(あきやま ひろこ)氏
    秋山 弘子(あきやま ひろこ)氏 東京大学高齢社会総合研究機構 特任教授

    イリノイ大学でPh.D(心理学)取得、米国の国立老化研究機構(National Institute on Aging) フェロー、ミシガン大学社会科学総合研究所研究教授、東京大学大学院人文社会系研究科教授(社会心理学)、東京大学ジェロントロジー寄附研究部門教授、日本学術会議副会長などを経て、2009年4月から現職。専門=ジェロントロジー(老年学)。高齢者の心身の健康や経済、人間関係の加齢に伴う変化を30年にわたる全国高齢者調査で追跡研究。近年は超高齢社会のニーズに対応するまちづくりや産官学民協働のリビングラボにも取り組む。超高齢社会におけるよりよい生のあり方を追求。