災害大国日本で考える
レンタルスペース
障がい当事者が語る
KK2キャリア相談室
IoT道場/Pyth
デジタルTERA小屋
情報的健康について
キューブックギャラリ
お金・就活のこと
メッセージfromK

インフォメーション

※2024年01月23日~02月22日集計分

これから開催するプログラム

  • 「手放した後に何が残る?・・・禅とは気づき」第十五回 霞が関坐禅会 ~自分自身と向き合ってみよう~
    2024年3月7日(木)19:00~20:30

    「手放した後に何が残る?・・・禅とは気づき」第十五回 霞が関坐禅会 ~自分自身と向き合ってみよう~

    毎日忙しいみなさん。たまには、じっくりと自分自身と向き合ってみませんか?仕事帰りに気軽に参加できる“坐禅”プログラムです。
    姿勢を調え、呼吸を調え、そして心を調えます。<宗教・宗派は問いません。どなたでもお気軽にご参加いただけます>
    1
  • 働くあなたの防災体験ツアー ~霞が関ビルディングに学ぶ~
    2024年3月15日(金)19:00~21:00

    働くあなたの防災体験ツアー ~霞が関ビルディングに学ぶ~

    勤務中に災害が発生したら?備えは大丈夫?
    日本初の超高層ビル「霞が関ビルディング」で実践的な備えを学んでみませんか。グッドデザイン賞に輝いた防災センターの見学、備蓄品、非常用機器操作の体験など、知って役立つ防災知識が身につきます。最後はワンドリンクで乾杯して交流もお楽しみください。この機会に身近な防災を考える一歩を踏み出しませんか。
    1
  • Python基礎講座(無料プログラム)

    Python基礎講座(無料プログラム)

     学習者のPC(Windows or Mac)上でThonnyというツールを使いPythonを習得します。パソコンとインターネット環境があれば学習ができますので、特別な機材の準備は不要です。

    ★ ChatGPTを活用したAIサポート機能を搭載しました。
      分からないことは『AIサポート』がすぐに回答します!!
    1
  • Python IoT 応用講座(有料プログラム)

    Python IoT 応用講座(有料プログラム)

     Pythonのプログラミング基礎を理解できたら、「拡張基板(GPIO拡張ボード)」と「Raspberry Pi」を使い、実習しながらIoTを学びます。

    ※本講座に「Raspberry Pi」は含まれません。Raspberry Pi 400(コンピュータセット)の購入をご希望の方は、IoT事務局へお問い合わせください。

    ★ ChatGPTを活用したAIサポート機能を搭載しました。
      分からないことは『AIサポート』がすぐに回答します!!
    1

視聴可能なプログラム

  • 【会場】十二月 霞が関寄席 馬玉・駒与志二人会(2023年)
    2023年12月8日(金)19:00~20:30

    【会場】十二月 霞が関寄席 馬玉・駒与志二人会(2023年)

    中央官庁街、霞が関に流れる粋なお囃子。霞が関寄席が始まります。
    洒脱な駒与志さん、正統派古典落語の担い手馬玉師匠のお二人が繰り広げる情緒たっぷりの江戸落語。
    笑って、泣いて、心のもやもやを晴らしましょう。
    20
  • 障がい当事者が語る!コミュニケーションのバリアフリー
    2023年12月7日

    障がい当事者が語る!コミュニケーションのバリアフリー

    この講座は、障がいとは何かを理解し、障がい者の方とのコミュニケーションの取り方を学ぶプログラムです。
    バリアフリーとユニバーサルの違いや、障がい者をとりまく状況に始まり、さまざまな障がいの基礎知識や困りごと、コミュニケーションのポイント等を、障がい当事者が講師となって解説します。(制作協力:ANAウィングフェローズ・ヴイ王子株式会社、計17本シリーズ)

    20
  • 自宅で母と夫を看取り、一人になってしみじみ思うこと ~「介護」が愛おしい~第9回デジタルTERA小屋 藤原瑠美さん
    2023年11月30日(木)18:30~19:45(終了後、交流会開催 20:30まで※会場のみ)

    自宅で母と夫を看取り、一人になってしみじみ思うこと ~「介護」が愛おしい~第9回デジタルTERA小屋 藤原瑠美さん

    「介護って、何することなのか分からない」「大切な人の最期、寄り添いたいけど仕事を離れて介護に専念なんて無理」「少子高齢化、人手不足。自分の老後は、誰が介護してくれる」…「介護」という言葉には、どの世代にも様々な想いがあります。介護の在り方も生涯の終え方も、100人いれば100通り。人間誰しも迎える人生の終わりのこと、76歳の藤原さんは、どう受け止めどう向き合ってきたのでしょう? 20