「かすかな光へ」

「かすかな光へ」

収録日2011年11月2日(水) 16:30 - 21:00

収録時間51分

セミナーパンフレット アンケート結果
内 容
かすかな光へ
かすかな光へ 無縁社会、孤立化など、社会の閉塞感が叫ばれ、3.11後には多くの人が生き方を見つめなおしているなか、いのちの特徴である。
ちがう・かわる・かかわる・・・・を大切に、学びとは、働くとは、生きるとは・・・を探究し続ける 93歳の教育研究者、大田堯の歩み・その姿を通して、私たちの未来をみつめるドキュメンタリー映画。

本事業の学習コンテンツ化および本サイトでの公開は、株式会社JVCケンウッド様、株式会社メディアリンク様のご協賛により実施しています。
「かすかな光へ」

INDEX

  • 「やっぱり感性が大事なんだ」
    PLAY
  • 「反文部省のシンボルと大田先生の考え・ゆとり教育の共通性」
    PLAY
  • 「小渕総理がやろうと思ったこと」
    PLAY
  • 「寺脇研の「未来の学校像」暴論」
    PLAY

出演者紹介

  • 寺脇研 氏(ゲスト)
    寺脇研 氏(ゲスト) 京都造形芸術大学教授

    1952年生まれ、福岡県出身。京都造形芸術大学教授、カタリバ大学学長、映画評論家、落語評論家、新しい公共推進会議構成メンバー、NPO法人教育支援協会チーフ・コーディネーター、NPO法人ジャパン・フィルム・コミッション理事長、NPO法人日本映画映像文化振興センター理事長、元・文部科学省官僚。

    上映後のトークイベントでは、 生きるとは、学ぶとは・・・大田先生とお会いして改めて思うという
    テーマで、京都造形大学教授・映画評論家・カタリバ大学学長・元文部科学省官僚の寺脇 研をゲストに視聴者の方にも参加いただき行います。 なお、トークイベントの模様は、収録のうえ、後日、霞が関ナレッジスクエアのWebサイトからオンデマンド公開(無料)する計画です。トークイベント終了後、交流会を行います。

「かすかな光へ」 - 霞が関シアター+トークイベント 詳細情報

日時 2011年11月2日(水) 16:30 - 21:00(受付・開場 16:15)
【上映会 第1回】
16:30~17:58 (開場16:15)
【上映会 第2回】
18:45~20:09 (開場18:30)
【トークイベント】
20:15~21:00
【交流会】
21:10~22:30
会場 霞が関ナレッジスクエア
定員 会場受講 80名
参加費 【上映会】霞が関ナレッジスクエアメンバー:1,000円 Web会員/一般:1,500円
      学生:500円(社会人学生は一般) 【交流会】希望者のみ 2,000円(予定)
霞が関ナレッジスクエアでは、参加費の中からお一人様につき500円を東日本大震災の被災地、宮城県岩沼市に直接、義援金としてお送りいたします。
申込方法 終了しました