アクティブ・シニアを応援 スウェーデンに学ぶ高齢者の自立 第4回「医療に頼らず長生きをする秘訣」

アクティブ・シニアを応援 スウェーデンに学ぶ高齢者の自立 第4回「医療に頼らず長生きをする秘訣」

収録日2009年11月12日(木)18:30-21:00

収録時間1時間47分

セミナーパンフレット アンケート結果
セミナー内容
[スウェーデンに学ぶ高齢者の自立]は、高齢者が自立し豊かに過ごすスウェーデンの事例から、健康でアクテイブなセカンドライフのあり方を学ぶ講座です。
最終回では1992年のエーデル改革を取り上げます。これは高齢社会の軸を、医療から保健に転換した大事業で、病院医療を大転換させた改革でもありました。改革前夜のスウェーデンは現在の日本と似ています。高齢化が進み、病院のベッドを社会的入院患者が占有していました。治療が終わっても行き場がなく、そのまま医療施設に住み続ける虚弱な高齢者たちです。これらの人々の受け皿を、コミューン(市)の責任で整えていったのがエーデル改革です。私は改革から15年を経た、改革の優等生のようなエスロブ市を取材することができました。医療に頼らず元気に老いる高齢者や、訪問看護の場で活躍する地区看護師、社会を健康に保つ国民健康政策のお話をいたします。
アクティブ・シニアを応援 スウェーデンに学ぶ高齢者の自立 第4回「医療に頼らず長生きをする秘訣」

INDEX

  • 開会挨拶 グローバルキャリアカウンセラー 伊庭野 基明 氏
    PLAY
  • 代表挨拶 財団法人高度映像情報センター理事 霞が関ナレッジスクエア担当理事
    久保田了司 氏
    /kk2/webpublic/biz02/file-donwload/20091112_data01.pdf
    PLAY
  • 参加者属性アンケート グローバルキャリアカウンセラー 伊庭野 基明 氏
    PLAY
  • 「医療に頼らず長生きをする秘訣」 はじめに ホスピタリティ☆プラネット主催 藤原 瑠美 氏 /kk2/webpublic/biz02/file-donwload/20091112_data02.pdf
    PLAY
  • 講義1「エーデル改革で医療はどう変わったか」  
    PLAY
  • 講義2「エーデル改革で看護はどう変わったか」  
    PLAY
  • 講義3「エーデル改革で介護スタッフはどう変わったか」  
    PLAY
  • 質問コーナー  
    PLAY

出演者紹介

  • 藤原瑠美(講師)
    藤原瑠美(講師) ホスピタリティ☆プラネット主宰

    東京都出身。清泉女子大学卒業後、銀座和光に入社。同社宣伝企画部副部長、など管理職を務めながら、認知症の母の在宅介護し、2000年に自宅で看取る。同社退職後、スウェーデン エスロブ市の高齢者ケアを取材、今年3月「ニルスの国の高齢者ケア~エーデル改革から15年後のスウェーデン」を出版。

「たおやかコンソーシアム2009」スウェーデンに学ぶ高齢者の自立 第4回「医療に頼らず長生きをする秘訣」 詳細情報

日時 2009年11月12日(木)18:30-21:00 (受付開始 18:00-)
18:30-20:00 セミナー
20:10-21:00 懇親会
定員 50名(会場受講)/100名まで(インターネットライブ受講)
プログラム参加費 霞が関ナレッジスクエアメンバー:無料  web会員/一般:無料
交流会参加費 霞が関ナレッジスクエアメンバー:2,000円  web会員/一般:2,500円
会場 霞が関ナレッジスクエア
申込方法 終了しました