第11回エキスパート・スタジオ ソーシャルプロデューサー 藤原瑠美さん (福祉の勉強会「ホスピタリティ☆プラネット」主宰)

第11回エキスパート・スタジオ ソーシャルプロデューサー 藤原瑠美さん (福祉の勉強会「ホスピタリティ☆プラネット」主宰)

収録日2010年12月7日(火)

収録時間32分23秒

セミナーパンフレット アンケート結果
銀座和光で管理職をつとめながら、11年にわたり在宅で認知症の母の介護を続けた藤原瑠美さん。自宅で母を看取った後会社を退職。福祉の勉強をスタート。その5年後にはスウェーデンの先進的な高齢者ケアを約3年かけて取材し、本を出版。現在は福祉の勉強会主宰の他、大学院での修士課程で学びを続けている藤原さんの企業人としての経験、現在の活動とその思い、そしてこれからの夢についてお話していただきます。
話しの引き出し役は、グローバルキャリアカウンセラーの伊庭野基明さん。エキスパートのコンピテンシーを明らかにします。

【エキスパート・スタジオとは】
エキスパート・スタジオ 「エキスパート・スタジオ」は、様々な分野で活躍するエキスパートをゲストに迎え「仕事とは」「働くとは」について考え学ぶインタビュー形式のキャリア教育番組です。ゲストは、現役としてさまざまな分野で活躍する若い世代から、セカンドライフに社会の課題解決に活躍するシルバー世代までさまざまな年代のみなさんです。これから社会に出る若い世代、何か社会の役に立ちたいと考えているみなさんにご覧いただきたい番組です。
第11回エキスパート・スタジオ ソーシャルプロデューサー 藤原瑠美さん (福祉の勉強会「ホスピタリティ☆プラネット」主宰)

INDEX

  • オープニング (1分25秒)
    PLAY
  • エキスパートの仕事 福祉の勉強会「ホスピタリティ☆プラネット」
    (4分21秒)
    PLAY
  • これまでの歩み 銀座和光時代/母の在宅介護/スウェーデンで高齢者福祉ケアを取材
    (7分44秒)
    PLAY
  • 仕事への思い 国際医療福祉大学大学院での学び/働くことの意味
    (7分7秒)
    PLAY
  • エキスパートのコンピテンシー 相手の気持ちを立てる/普通である。ノーマライゼーション/シェアする心
    (3分6秒)
    PLAY
  • メッセージ/わたしの夢 みなさんへのメッセージ/わたしの夢
    (1分25秒)
    PLAY
  • 質問コーナー/まとめ 「日本をあきらめない」と思ったきっかけは?/認知症患者への接し方は? 他/まとめ
    (7分12秒)
    PLAY

出演者紹介

  • 藤原瑠美さん(ゲストエキスパート)
    藤原瑠美さん(ゲストエキスパート) 福祉の勉強会「ホスピタリティ☆プラネット」主宰

    1947年東京都大田区生まれ。1968年清泉女子大学英文科卒業、銀座和光に入社。同社宣伝企画部副部長、婦人用品部部長、広尾店店長を務める。2000年12月末同社退社。在職中1990年より認知症の母の在宅介護を続け、2000年10月に自宅で看取る。2005~2007年スウェーデンエスロブ市の高齢者ケアを取材、2009年4月に「ニルスの国の高齢者ケア ~エーデル改革から15年後のスウェーデン」(ドメス出版)を出版。福祉の勉強会「ホスピタリティ☆プラネット」主宰。今年4月より国際医療福祉大学大学院生として医療・福祉ジャーナリズムを学んでいる。

    【著書】
    『ボケママからの贈りもの―働きながらの在宅介護の記録』(PHP研究所 1995年 2002年に文庫化)
    『残り火のいのち 在宅介護十一年の記録』(集英社新書 2002年)

  • 伊庭野基明さん(コメンテーター)
    伊庭野基明さん(コメンテーター) グローバルキャリアカウンセラー

    東京都出身。1974年慶應義塾大学卒。日本IBMを経て、ノースウエスタン大学院ビジネススクールでMBA取得。その後リクルートで本社取締役、米国法人社長など17年間勤務、現在企業役員、企業契約アドバイザーなど。

  • 渡辺ゆうこ(司会)
    渡辺ゆうこ(司会)

ソーシャルプロデューサー 藤原瑠美さん (福祉の勉強会「ホスピタリティ☆プラネット」主宰) - 第11回エキスパート・スタジオ 詳細情報

日時 2010年12月7日(火) 16:00 - 17:45(受付開始 15:30 -)
※番組収録の都合により終了時間が前後する可能性があります。
※終了後にゲストとの交流会を行います。
会場 霞が関ナレッジスクエア
定員 50名(会場受講)
100名まで(インターネットライブ受講)
プログラム参加費 無料
申込方法 終了しました